よくある質問

6ヵ月の男児。夜中に1~4回泣きお乳をたくさん飲みます。かんの虫というのは本当にあるのですか。

かんの虫というのは興奮してよく泣くとか、自我が発達し我がままを言って泣いたりする事をいいます。ですから、ある意味かんの虫が出てこなければ困ります。しかし、あまりにもひどい時や興奮して寝ない時は薬で抑える必要があり、昔から薬が使われてきました。奇応丸もそういう種類の薬だと思います。赤ちゃんは昼と夜の区別ができていません。昼間寝て、夜起きる事はよくあります。そういう時は放置しておく以外に方法はなく、成長とともに治ってきます。かまいすぎて興奮させない事と、周囲で騒いだりせず、室温にも気をつかって、眠りやすい環境を作ってやるのが大切です。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook