身体 【アレルギー・湿疹】アトピー性皮膚炎で食事制限から体重減少

アトピー性皮膚炎で食事制限から体重減少

2ヵ月の女児を母乳だけで育てています。出産前後に私が牛乳をたくさん飲んだためか、生後1週間めから顔にポツポツができ、6週間検診でアトピー性皮膚炎と言われました。私が牛乳をやめ、赤ちゃんに軟膏を塗って治ったのですが、2・3日前から牛乳を飲み始めたらやはり胸、背中、両ひざに湿疹ができました。牛乳をやめ、卵も2・3日に1回にしたところ、軟膏を塗っておれば出ない程度になりました。 ところが牛乳や卵をやめる前には4800gあった体重が、やめたあと2日後には4500gに減ってしまいました。母乳不足でしょうか。治療が必要でしょうか。

赤ちゃんの体重は便の量とか母乳の量で変動します。1週間くらい続けて測れば、だいたい1日に30gくらい増えているはずです。1日ぐらい減ったからといって心配しないで、繰返し測ってみてください。 また母乳を与えているお母さんの食事については、一般の人に比べてより多くのたんぱく質やカルシウム、鉄分が必要になります。それらを多く含んでいる卵や牛乳はとても大切な食品です。勝手に除去しないで、再度、主治医に相談してみてください。もし牛乳を除去しなければいけない場合は、牛乳に多いカルシウムを、小魚、海草、青菜類、大豆製品などから補うようにしてください。毎日の食事の注意としては、肉料理に偏らないこと、食物油を使いすぎないこと、卵は十分火を通して使いましょう。また、最近は魚油の成分がアレルギー症状を抑えるともいわれています。新鮮な青背の魚も積極的に取り入れましょう。野菜、海草もしっかりとって、バランスの良い食事を心がけてください。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook