トイレ 【便秘】小さい頃から便秘傾向/便に血/異常がある?

小さい頃から便秘傾向/便に血/異常がある?

1才2ヵ月の男児です。出生時の体重3280g、現在の体重9500g。新生児の頃、便秘がちで2日に1回ぐらいの排便でした。しかし、便が軟らかかったので気にしていませんでした。離乳食を始めるようになって、便秘がひどくなり6、7ヵ月頃には3、4日に1回で浣腸をしないと出ないようになってしまいました。マルツエキス、乳酸菌の入った整腸剤、便秘薬の他、食べ物にも気を配っているのですが、血が出たりするので心配です。どこかに異常があるのでしょうか。本を読んだら腸の病気があると書いてあったのですが。 また、最近、浣腸をしようとすると気配を察して逃げまわるようになったので、液体の便秘薬をミルクに入れて飲ませています。

腸の病気はあります。ヒルシュスプルング病です。生まれつき腸の神経が備わっていない病気で、この場合はおなかが異常に大きくなります。こういうことがなく、苦労しながらも自然排便ができるようですから心配いりません。 便が出ないまま放置すると便の先端部分が硬くなって出にくくなります。もう少し早めに、たとえば3日たっても出なかったら、肛門にオリーブ油を塗って浣腸してやってください。また、水分を十分与えてください。ジュース(ただしリンゴはダメ)、バナナ、こんにゃく、ところてん等が良いです。また、おなかを"の"の字を書くようにマッサージしてあげてください。

ヒルシュスプルング病は巨大結腸症とも呼ばれ、新生児期から排便困難を認めます。便は決して硬くなく、時には下痢便になることもあります。巨大結腸症の名前の通り、放置すると腸が拡張し、腹部が膨張するとともに嘔吐も出現します。このような状態で発見された時には手術で治療します。一方、本症の軽症型も存在しますが、この場合には経過観察により診断、治療方針の決定がなされます。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook