頭部 【発達】歩き始めるのが遅れた

歩き始めるのが遅れた

1才3ヵ月です。歩き始めが遅れました。最近お座りができるようになりました。今は抱き上げて床に降ろすとちゃんと足をつけます。以前はつま先で立つような形でしたが、最近はかかとが少しつき、手を持つと何とか歩きます。手の運動は、人さし指と親指で物をつかめます。太っている子とやせている子では違いがありますか。 足が細いように思うのですが、腰とかも関係あるのでしょうか。今までの発達としては、4ヵ月に入って首がすわりました。寝がえりは6ヵ月目にしていました。手をついてハイハイしたり、お座りができるようになったのはつい最近です。支えると座るのですが、手を放すとデーンと横に倒れていました。最近は少ししっかりしてきたんですが。

歩き始めるのが非常に遅れる子供がいますが、多くの場合、おしりをベタッと床につけるお座りにこだわって、いつまでたっても足の裏をつけて立ち上がろうとしない子供のようです。他に異常がなければ問題ありませんが、足の裏をつける練習をする必要があります。ですから、おしりをペタンとつけて座るのではなくて、イスにこしかけさせて、足の裏を床の上につけることに気をつける必要があります。もちろんブクブク太りの子は運動が十分できませんから歩き始めるのが遅れます。 全体的に少し発達が遅いですが、おそらく大丈夫だと思います。神経の異常とか筋肉の病気とかではなくて、少し筋肉の力が弱いお子様だと思います。しかし、立ち上がるのが、かかとを上げたつま先立ちという点が少し気になりますので、発育発達の先生に診てもらった方が無難だと思います。いつ頃歩き始めるかは、非常に個体差があります。たとえば筋肉の力が弱い子供ですと、1才半をすぎても歩けない場合もあります。その場合、病気である確率は非常に高くなります。

運動発達の異常を見出すためには、定期的な発達の経過観察が重要です。 したがって、発達の異常が疑われる時は、是非定期健診を受けて下さい。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook