おたふくかぜ

予防接種の間隔(はしか、おたふくかぜ)

2才1ヵ月の女児。先日はしかの予防接種を受けました。近所におたふくかぜにかかっている子がいるので、こちらの方の予防接種も受けたいと思います。どのくらいの間をおいたらいいでしょうか。また、1ヵ月ほど前に扁桃腺で熱を出し、薬を飲ませたら湿疹が出て、飲むのをやめたら治りました。また、BCGの接種をしたあと副作用があり、脇の下にコブのようなものができて通院しました。このようなことを考えると予防接種には慎重にならざるを得ないのですが、今後どうしたらいいでしょうか。また、はしかの予防接種を受けたあと、1日熱が出たのですが、おたふくかぜの場合にも熱は出るのでしょうか。 小学校でBCGをうつと思いますが、その時もこのようになるのでしょうか。

おたふくかぜの場合は任意接種です。ですから小児科で受けることになります。できるだけお受けになる方がいいと思います。はしかの予防接種のメーカーは数社ありまして、メーカーにより少し発熱の頻度が異なります。しかし、おたふくかぜは副反応はほとんどありません。ですから、4週間以上間をあけて受けて下さい。 BCGは非常に弱い結核菌を注射して弱い結核にして免疫を作っているのです。注射のあとからだのあちこちにブツブツができる症状が強い子供にはリンパ腺がはれることがあります。でも、それは心配ありません。もし陽転していたらBCGは受けなくてもいいんですよ。それだけ強い反応をしたのでしたら、おそらく陽転していると思います。

予防接種は義務接種から保護者の判断による努力義務接種に変化した。 しかし、予防接種は子どもの疾病予防に大変有効な手段であり、親は子どもの体調に会わせて積極的に接種を受けるように努めなければいけません。一方、予防接種の副反応は、ワクチンの改良により減少していますが、けっしてゼロではありません。したがって、日ごろから子どもに接する機会の多いかかりつけ医師のもとで接種を受けるのが、予防接種に関連する事故を最小限にすると考えられます。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook