睡眠(リズム)

睡眠のリズムがくずれた

5ヵ月の男児です。3ヵ月頃までは午前中に30分、午後に3時間眠り、ちゃんとリズムがとれていました。ところが最近は昼間は15・30分ずつ4・5回、夜は11時過ぎにさんざんぐずって眠り、4時頃におきて1・2時間してから再び眠ります。おきるのは朝9時頃です。ときどきは、ちゃんとしたリズムにもどるのですが、どうしてこのように変わってしまったのでしょう。

睡眠のリズムには個体差があります。元気がよくて活発な子、特に男の子では寝ているより遊びたがってあまり寝ない子があります。これは神経質とはちがいます。おフロに入れると眠くなりますから、10時ぐらいに入れて寝かしつけるようにしてみてください。

夜中に激しく泣く、夜泣きの原因はさまざまです。空腹や暑さを訴えていたり、湿疹などのかゆみ、腹にガスがたまって痛むなど、生理的なものがまずあげられます。運動不足のために睡眠が浅かったり、夜と昼の生活時間が逆転しておこったり、睡眠時に外界から刺激をうけることによって泣きだすこともあります。また過保護ノ育てられたために、親と離れて不安になって泣くこどももいます。この場合は抱きぐせを伴っていることも多いので、抱くかわりに声をかけてやったり、かるく背中をたたいてやるなどして、気をつけてください。原因がわからない夜泣きでも2、3ヵ月ころになると自然に治ってしまうことがよくあります。1歳頃からの夜泣きは、神経質で過保護な扱いをされたこどもに多いので、昼間の育児態度から考え直してみてください。夜泣きしないこどもが、急に激しく泣きだした場合は、中耳炎や腸重積などの心配もあります。早く病院へ。(マイペース育児より)

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook