樋屋奇応丸FAQ

1ヵ月以上のませてはいけないの?

添付文書(説明文書)には、樋屋奇応丸を夜なき・かんむし等の神経質症状にお使いいただく場合、「1ヵ月間服用しても症状の改善が見られない場合、服用を中止し、医師または薬剤師に相談すること。」と記載しています。
これは症状の改善がないにもかかわらず樋屋奇応丸を服用し続けて、本来治療すべき病気の治療機会を失うことを防ぐために記載しているものです。服用を続けると副作用が出るという意味ではありません。
効果がある場合には、継続して服用していただいて結構です。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook