夜泣きにサヨナラ!【原因別、赤ちゃんの夜泣き対策】

夜泣きにサヨナラ挿絵1

(東洋医学の考えと単語が一部出てきます。)

夜になると始まる赤ちゃんの夜泣きは、育児に従事する多くのママ・パパたちにとって、非常に辛い経験となります。日々の疲れが積み重なった中で、夜泣きが再び始まると、「あぁ、また夜泣きが始まった」と途方にくれることでしょう。

「なぜこの子は毎晩夜泣きするのだろう?」
「夜泣きの声が近所に迷惑をかけていないだろうか?」
といった悩みが、育児に真剣に取り組むほどに増えることでしょう。

赤ちゃんの夜泣きにサヨナラするためには、夜泣きが収まるゴールを目指し、それぞれの原因に応じた対策を検討してみましょう。
以下に、夜泣きの原因別の対策をまとめてみました。



【冷え】夜泣きの対策~赤ちゃんを冷えから守る~

夜泣きにサヨナラ挿絵2

赤ちゃんの夜泣きの原因として、東洋医学では「脾、腎の冷えによる」夜泣きがあると言われています。
この場合の対策としては、特に沐浴中やお昼寝中の睡眠中に体を冷やしすぎない事に気を付け、お腹を冷やさないようにします。
寝ている間にお腹にタオルを掛けるだけでも心地よさを感じることでしょう。
また、幼児食が始まる1歳半頃からは意思表示もして親と同じ物を食べたがったりしますが、冷たいものを過剰に食べさせすぎることは避けましょう。



【暑さ】夜泣き対策~赤ちゃんを暑さから守る~

夜泣きにサヨナラ挿絵3

「暑さによる」夜泣きも一因と言われています。
かといって、熱を避けるわけではなく、子ども自身の体温調節機能を発達させるために、お天気の良い昼間は外で遊ばせ、自然の気候を感じさせることで、赤ちゃんの発汗機能を促進し熱や暑さに強い体にしましょう。※夏場の外出は、こまめに水分を取って熱中症には気を付けてください。

赤ちゃんに発汗させるために、服の厚着、暖房を強くするのは控えましょう。赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、暖房などによる過剰な温度変化は夜泣きの原因となります。



【恐怖】夜泣き対策~赤ちゃんを恐怖から守る~

夜泣きにサヨナラ挿絵4

「精神的ショック〈驚き・恐れ〉による」夜泣きでは、泣き声が高く激しく、昼間はよく眠るのに夜になると泣き出すといった特徴が見られます。

また、赤ちゃんの夜泣きの原因となる「驚き」と「恐れ」は、「大きな物音」や「見知らぬ人」や、夜、ママやパパが見ているテレビやパソコン・照明等からの「明るい光」でも赤ちゃんには強い刺激となり、夜泣きの原因となることがあります。

この場合、夜泣きの原因となる「驚き」と「恐れ」を赤ちゃんに感じさせない環境整備が重要で、清潔で静かな空間で眠れるように心がけましょう。
夜泣きが始まったら、大きな物音や強い光は避け、優しく抱っこや体を摩ることで赤ちゃんに安心感を与えましょう。
ママとパパの優しさで和らげることができます。




【生活リズム】夜泣き対策~赤ちゃんには生活リズムが大切~

夜泣きにサヨナラ挿絵5

これまで夜泣きの原因を紹介しましたが、
各原因に共通するのは、1日の生活リズムが崩れている可能性があることです。
朝は同じ時間に起床し、お天気の良い日は外で太陽の日差しを浴び、夜は静かに過ごし、同じ時間に就寝することが重要です。

夜泣きには、赤ちゃんが穏やかに過ごせる生活リズムを整えることが重要となります。



樋屋奇応丸(ひやきおーがん)のご提案

樋屋奇応丸写真

夜泣きのお薬「ひやきおーがん」は、バランスのとれた医薬品としておすすめです。
夜泣きだけでなく、小児の神経質、かんむし、ひきつけ、かぜひき、かぜの熱、ねびえ(寝冷え)、下痢、消化不良、乳はき(吐乳)、食欲不振、胃腸虚弱に効果があります。

生薬のジンコウ(沈香)、ジャコウ(麝香)、ゴオウ(牛黄)、ニンジン(人参)、ユウタン(熊胆)が、それぞれの効能や効果に寄与しています。

これらの生薬が様々な症状にバランス良く効果を発揮し、赤ちゃんの心身のバランスを整えるお薬が「ひやきおーがん」なのです。

詳しくは下記ショッピングサイトをご覧ください。





ひやきおーがんお試し30粒