【離乳・離乳食】卵アレルギー児の食事

卵アレルギー児の食事

8ヵ月の男児です。生後1、2ヵ月頃から顔に湿疹ができはじめ、4ヵ月頃にひどくなったので病院へ行ったら、アトピーの疑いがあるということでした。血液検査の結果、卵のアレルギーでした。そのため卵を与えていませんでしたが、転勤したために別の病院に行ったところ、ずっと卵を食べさせないわけにはいかないので、薬(インタール)で体質を変えて卵を食べさせるように言われました。 しかし、そこまでして卵を与える必要があるのかどうか疑問です(副作用が心配で薬は飲ませていません)。また、牛乳、大豆製品も食べさせない方がいいのでしょうか。検査の結果は陰性でしたが、今のところ与えていません。

お母さんのお考え通りに進めた方が良いと思います。つまり、卵をむりに食べさせる必要はありません。卵をストップして湿疹が良くなったのでしたら、卵が原因であると思われます。1才半ぐらいまでは、卵を与えないようにしてください。 卵が食べられなくてとれないたんぱく質は、主として白身魚で補っていきます。大豆製品も与えてかまいませんが、たくさん与えると新しいアレルギー源になりますから量は少なくしてください。 また、8カ月で牛乳を飲ませるのは、赤ちゃんの腎臓に負担がかかりやすく、また鉄分不足になりやすいので避けます。少なくとも1才までは、育児粉乳の方が消化吸収もよく、鉄分、カルシウムなど栄養的にもバランスがとれているので好ましいといえます。(育児粉乳100ccには卵1ヶ分相当の鉄分が含まれています) アレルギーの程度によっては、鶏肉も制限しなくてはいけない場合もあります。医師の診察による指導のもとで、過度な除去食にならないよう正しく行ってください。

大阪市では国の基準に基づいて、次のような場合は検査をしています。 両親がアトピー体質かぜんそくの場合 兄弟がアトピー体質かぜんそくの場合 3カ月の時点でこのような子供に検査をし、その後離乳食にはいるようにしています。

  • 公式Twitter
  • 公式Facebook